活動報告

2019.06.17

運動指導者のための体験型フォーラム「運動kai!」開催報告

運動指導者ための体験型フォーラム「運動kai!」
2019年6月9日(日) 神戸市立中央体育館(兵庫県神戸市)

今年2回目となる「運動kai!」を無事終了しました。今回も大いに学び、動き、笑った一日となりました。
第1部は(株)ひとまちよりお招きした河北純子先生より、「運動指導者のためのファシリテーション~参加者が主役となる現場づくり~」と題し、とかく「先生」と呼ばれる仕事である私たち自身ではなく、参加者主役となり自主性を持てるよう導くためのファシリテーションテクニックを学びました。グループに分かれて具体的に、意見の聞き方、多くの意見を整理する方法などを体験し、最後の発表ではこの講座のねらいに沿った発言やアイデアが見られ、とても有意義な時間となりました。


第2部は今年も「大阪オトンオカンチアリーダーズ」を迎えて開幕です。オトンオカンのキュートなパフォーマンスを見た後は、全員でチアダンスを体験しました。オトンオカンの軽快なリードに全員キラキラ笑顔で踊り、汗だく!ポンポンさばきも慣れ、各自のポーズもきまっています!集団で踊る楽しさ、リズムに併せて動く楽しさを体験し、この後の競技は大丈夫?というほどにエネルギッシュに踊りました(笑)。


そして会員代表のお二人に高らかに選手宣誓をしていただき、いよいよ運動kai!スタートです!


「追いかけて追いかけて全部入れたい玉入れ」では敵の団長が背負うカゴへ玉を入れます。枠内の玉を外へ出すポジション「リベロ」が体力勝負で玉を味方に渡し、多く玉を入れた方が勝ち!なかなか入らない玉、なかなか当たると痛い玉(笑)・・・。

「1億人の春の陣~ザ・マキタリレー~」は全員始めての競技でしたが、大変な盛り上がりでした。棒についた紐を両端から選手が紐を巻き、先に真ん中に到達した方が勝ちというレース。1回の出場選手は各チーム1人ずつなのに、いざ競技開始の合図がかかると、全員が真ん中に集まり団子状態で応援するというカオス!大きな体育館で真ん中に全員集まって、大騒ぎの競技でした!!

「秀樹!感激!綱引き!」は王道の綱引きですが、これまた全員が超本気。綱の持ち方や体の構え方の作戦を練っての3回戦はとても僅差の勝負でした。靴・靴下を脱いだり、脇に挟んで構えたり、とにかく負けん気の強い選手たちでした。

「そろりそろり二人三脚デカパンリレー」は絶対はしってはいけない、というルールの元、デカパンに2人で入ってのリレーです。「そろりそろり!」と声をかけられながらもほとんど小走りという・・・。デカパンを脱いでリレーするタイミングが勝負の分かれ目ということで、各チーム作戦を立て工夫して全員で協力した競技でした。


4種目無事に終了し、最後は竹尾会長リードでマイムマイムを踊り、大きな拍手で閉幕した「運動kai!」でした。


アンケートには「年甲斐もなく久々に本気になりました」「こんなに笑ったのは久しぶりです」「初対面の人とも話せ、協力して競技に参加できました」など、嬉しいご感想が多数ありました。
運動指導者は1人で仕事をすることが多く、孤独な職業とも言えるかもしれません。そんな中、一緒に大笑いしながら一つのことを楽しむことができる時間を持てること、同じ思い出を共有できることは貴重な体験だと思います。
ぜひ来年も一緒にこの想像以上の興奮と感動を共有しましょう!まだ未体験の方、本当にオススメです!ご参加を心よりお待ちしています。今年もありがとうございました!!!

各種ご依頼はこちら


※次のページは(株)元気サポートのWEBサイトへリンクします。

講演・人材教育
指導者派遣
エクササイズ・ツール制作、監修
オンラインショッピング

会長 竹尾好惠の活動報告

竹尾好惠の最新レポート

カレンダー

«6月»
      1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       

フィード

ブログ内検索

ページの先頭へ