Active  認定チェアエクササイズ・インストラクター 植木 知見さん from三重

このページは1億人元気運動協会認定インストラクターの現場での活躍をレポートしています。

今回ご紹介する方は三重県在住の植木知見さんです。
二人のお子さんの出産や子育生活の中、ご自身のライフスタイルにあったかたちでマイペースに活動を続けておられます。改めてチェアエクササイズに関わってから7年、運動指導者としての12年間を振り返っていただきました。

ながく続けていられるのは
“子育て”と“仕事”自分のペースで活動できているから

もともとは『運動が好きなOL』でしたが、一人目の子どもを出産後マタニティビクスに携わるようになりました。二人目を出産したとき、仕事を続けていくかどうか悩みましたが、自分の周り(両親・夫)の理解・協力がありましたので、今まで両立してくることができました。
上の子供が幼稚園に入るまでは、週3時間程度のペースで家族に負担がかからないように仕事をしていました。上の子どもが幼稚園に行き始めた時に、幼稚園ママの友達から声がかかり、子どもが幼稚園に行っている間に集まって、エアロビクスの“ワンコインレッスン”をはじめました。下の子どもが卒園するまでの約5年間活動しました。


園ママビクスをしている時に、自分は「やっぱり運動が好き!これを活かして人に喜んでもらい、必要とされる人になりたい!」と思いました。その後、長く続けていくにも高齢者の指導を行ってみたいと思い、チェアエクササイズの資格を取得しました。
私は周りの環境にも恵まれているのですが、3つの『C』を心に今まで進んできたと思います。
よく耳にする言葉です。『Challenge;挑戦する Change;変わる Chance;機会をつかむ』
自分が動かないと何も得ることもないし、何も始まらないですから…。
 
本格的に高齢者指導をスタート

下の子が小学校に入ったころに本格的に高齢者指導の活動をはじめました。
色々な施設に行きましたが、施設の上の方が直接話を聞いてくれるようなアットホームな施設は受け入れていただきやすかったような気がします。どうしても子どもを連れていかないといけなかった時にも、私が訪れた施設では皆さん「高齢者は子ども好きですから大丈夫ですよ!」と快く受け入れてくださり有難かったです。

お年寄りと接するのが好きだから、楽しいです

現在はグループホーム、デイケア、老人福祉施設の講座で活動しています。その中でもデイケアでのレクリエーションが中心でチェアエクササイズを指導しています。利用者の皆さんは午前中に入浴などをすませて午後にチェアエクササイズを行うことが多いです。私は指導者としてだけでなく、指導以外の時間は施設のお手伝いをして、利用者の皆さんと接しています。

  

今後…

親・祖父母ほどの年齢の違う方々への指導は日々勉強で、大変なところもありますが、目標は「楽しい時間を提供し、元気な高齢者を増やし、必要とされる指導者になる事」です。

受付中フォーラム&セミナー
11月3日 ベーシック(福岡)
11月17日 
ベーシック(兵庫)
12月7日・8日 
アドバンス(福岡)
12月21日・22日 
アドバンス(兵庫)

各種ご依頼はこちら


※次のページは(株)元気サポートのWEBサイトへリンクします。

講演・人材教育
指導者派遣
エクササイズ・ツール制作、監修
オンラインショッピング

会長 竹尾好惠の活動報告

竹尾好惠の最新レポート

ページの先頭へ